社員インタビュー

B-EN-Gへ入社を決めたきっかけや現在の業務のやりがいなど、社員の声をお届けします。

「仕事とやりがい」編

「ひとと組織」編

1

太田 数年後の自分を想像できないような会社に行きたかったんです。大学では地質学を専攻していて、フィールドワークで何時間でも歩いて断層を調べに行くようなアウトドア派。その自分に一番遠い世界だったのがIT業界でした。
いくつか会社を回りましたが、B-EN-Gは社員間の距離が近い雰囲気があって、何より自社パッケージを持っていることに魅力を感じました。もともと子どもの頃からものづくりが好きで、自分の手でオリジナルの何かをつくれたら面白い。そう思い、志望しました。

柳沼 大学時代に、生産管理に興味を持ちました。モノや情報をマネジメントする勉強が、理工学部の授業の中では新鮮で、面白かったからです。もともとコンサルタントの仕事にも興味があり、ものづくりの現場に入るというより、幅広い経験をしたいと考え、「生産管理」と「コンサルタント」をキーワードに会社を探し、その中で、最も共感できた会社がB-EN-Gでした。
B-EN-Gに興味を持ったのは、企業説明会で、グローバル展開についての質問をした際の「グローバルとは単に海外に出て行くことではなく、海外から呼び込むことも含めて、つながりを持つことなんだ」という回答。学生だった私にはとても印象深い説明でした。

2

太田 入社以来、「MCFrame」という自社パッケージソフトを担当しています。主に原価管理の分野で、新規開発から既存製品の保守、さらに「MCFrame」を販売してくれているビジネスパートナーのサポートまでを担っています。ビジネスパートナーからやってくるメールでの問い合わせに日々対応するほか、そこから上がってくるエンドユーザーの要望を次の開発に活かすようにしています。

柳沼 コンサルタントとして、日本を代表する大手企業の基幹システムの構築をサポートしています。主に製造業のお客様に向けて、ERPパッケージを使った生産管理システムの導入プロジェクトが中心です。
現在は、大手精密機器メーカーの案件で、新業務立ち上げに伴うシステム化の検討を担当。やるべきことはプロジェクトのフェーズによっても違いますが、お客様の要望を深く共有して開発メンバーに適切に伝えたり、システム面での課題をいち早く把握してお客様に最善の提案をするなど、橋渡し的な役割を担っています。

3

太田 お客様の業務をより良くするためのツールを提供する仕事です。システムは目的ではなく、あくまでも手段ですから、お客様やそれをサポートするビジネスパートナーの視点に立って想像力を働かせることを心がけています。
サポート対応の中で垣間見えるエンドユーザーの要望や、最近の世の中の動きを踏まえて、こういう機能があったら便利ではないか、企業の基幹システムはこうあるべきではないか、こうすればよりスピーディーに開発できるのではないかと、日々考えを深めています。

柳沼 コンサルタントの役割は、お客様が前進できるようにサポートすることだと考えています。お客様が悩んでいることや困っていることに対して、「こんな解決策がありますよ」と提示することによって安心して進んでいただける。いわばお客様の背中を支えるわけですから、お客様の要望にしっかりと向き合い、一つひとつの課題を丁寧に解決していくことが欠かせません。そのためには、いかにお客様の信頼を得るかが問われる仕事だと思っています。

4

太田 日本を代表する素晴らしいものづくりをしている企業が、「MCFrame」を活用して新たな戦略を実現する。コストを削減することでさらなる競争力を身に付けることもあれば、経営戦略自体を左右することもある。日本の主力産業である製造業を足元で支えているという誇りを持っています。
もともとものづくりが好きなので、オリジナルで新しい製品をつくり上げる達成感や、自分たちがつくったものを実際に使ってもらえる喜びも味わえることが、自分自身のモチベーションにつながっています。

柳沼 ものづくり大国ニッポンの屋台骨を支えていると言っても過言ではないところです。生産管理システムは、工場の業務と密接に関わります。日本では工場ごとに独自のやり方を採用していることが多く、システム導入に伴う業務改善提案が、なかなか現場で受け入れてもらえなかったりします。場合によっては、各現場の方々と膝を突き合わせて、ニーズのすり合わせを行うこともあります。もちろん苦労はありますが、根気よくコミュニケーションを重ねて、プロジェクトが成功したときは、心から達成感を感じます。お客様から「柳沼さんのお陰だよ」と、感謝の言葉をいただけるのは最高です!

5

太田 以前、自分のミスで生じた製品の不具合をビジネスパートナーに指摘され、大きなショックを受けたことがありました。自分の書いたソースコードの小さな誤りが多大な影響を引き起こすことを学び、ただつくるだけではなく、良いものを提供しなければ意味がない、と仕事への責任感が高まりました。
以来、不要なミスをゼロにできるように、少なくとも重要な課題については、その場で判断せずに少し時間を置いて再確認するようにしています。

柳沼 あるプロジェクトでチームリーダーを務めていたとき、お客様の信頼を失いそうになりました。さまざまな課題が発生し、納期が差し迫る中、いつの間にかプロジェクトを進めていくことだけを優先してしまっていたんですね。
あるとき、お客様から「これでは課題が解決しない」と厳しく指摘されて目が覚めました。そこで猛反省して、プランの実行にとどまらず、一つひとつの課題をしっかりと検証して次のアクションにつなげていくようにした結果、最後には「よく頑張ってくれた」というお言葉をいただきました。以来、どんな課題に対してもPDCAサイクルを意識しています。何度でも繰り返しPDCAを回していくことが、信頼の獲得につながることを学んだ経験でした。

6

太田 IT業界では、新しい技術が次々と生まれてきます。企業のシステムのあり方でも、根本から概念が変わってしまうことが珍しくない。開発者を目指すのであれば、常にアンテナを張り巡らせ、新しい動きを敏感に察知して、柔軟に吸収していく姿勢が欠かせません。その意味では、プログラムの知識よりも、好奇心や想像力が必要な仕事だと思います。
業務知識に関しても、どれだけ勉強してもすべてを理解することはできないので、好奇心を持ってポイントをつかみ、限られたヒントの中で想像力を働かせて、最良の答えを探る。パズルを解くのと同じように、ちょっとした発想の転換で、うまくピースがはまることも多いものです。

柳沼 この仕事は多くの場合、少人数でお客様先に出向き、責任ある立場の方と対面することになります。たとえ厳しいダメ出しをされても、そこであきらめずに、次はさらに良い提案を持って行こうと根気よく頑張れる人がいいですね。
本当に必要なのは、物事の本質をとらえる力。プログラミングや業務の知識は頑張って学べばいいのですが、なぜお客様はそう言っているのか、本当に困っていることは何か、常に考え続ける姿勢が大切です。正解を誰も教えてくれない中で、自分自身で解決策を導き出していく仕事ですから。

外部リンク

会社概要

自社ERP 導入先一覧

エントリーはこちら

トップページへ戻る